横浜の探偵事務所・浮気調査、企業調査は渚探偵事務所にご相談ください

Column

お役立ちコラム

妻の浮気

妻の浮気

  • 妻に離婚を切り出された
  • セックスを拒否または回数が減った
  • 妻の帰宅が遅くなった
  • 土、日曜日の休日に妻が単独で外出するようになった
  • 妻の携帯を見て、不審なメールのやり取りがあった
  • 誰かと比較している様な言動がある

妻の様子がおかしいと気づくのは、もはや勘だけではありません。浮気をしやすくなった、気付きやすくなった動機はやはり携帯電話の普及によるものが大きいようです。
妻が携帯電話を手放さない、夜中にメールをしている事が多くなった。
相談にいらっしゃる夫の8割以上が携帯電話から不信感を抱いています。
中にはメールを盗み見ると、明らかに浮気をしている内容があった方も多いのです。
また、以前と比べセックスを拒絶又は拒否されるという悩みも多く、一概には言えないのですが、浮気からくる変化である可能性も捨て切れません。
夫の場合、浮気と割り切り妻とも夫婦関係をもつ事に抵抗を感じない方も多いのですが、女性の場合には浮気をしている時はやはり浮気相手に気持ちが移り、夫との関係を出来るだけ回避したいと考える妻が少なくありません。
露骨に拒否なしないものの、回数が減ったとか、誰かと比べるような言動があるという事から妻の浮気に対する疑念が生まれるケースも多いのです。
こうした携帯電話や夫婦関係の感覚的な不信感から、確信に変わるのはやはり妻の行動にあります。
浮気相手がいるのであれば、会う時間を作らなければなりません。
一度きりの関係でない以上、また時間を作って会いに行きます。必然的に以前より外出が増えたり、帰宅時間が遅くなったり、休日に友人と会うといって出掛ける様になったりと、外出の機会が増えます。
一緒に生活をしていて、疑い始めて観察すると、お洒落に気を使うようになったり、下着が変わったり、髪型を変えるなど違和感を感じる事は間違いありません。
また、既に妻が別居や離婚を口に出しているような場合には、浮気をしている可能性が高いと言えるでしょう。

急増する妻の浮気 実態と傾向

近年、「妻の浮気」に対する相談件数が増えています。浮気の依頼もかつては、妻側から6割、夫側から4割の比率でしたが、近頃では半々若しくは夫側からの依頼の方が多い月もあります。
昔は「浮気は男の甲斐性だ」などといわれた時代もありましたが、今日では時代の象徴として「妻の浮気」が取り上げられるほどになりました。
昔も妻は浮気をしていたが気付かなかったのか、それとも浮気をする妻が増えたのか・・・・。
恐らく、浮気をする妻が増えたのでしょう。
映画やドラマはもちろんの事、女性誌などでも妻や母親の「女性力」を意識させるテーマが増えています。
女性誌「anan」では一番売り上げる回はセックス特集だそうです。
それだけ、女性が性に対して積極的になり、女を意識している時代なのでしょう。ただこれは、かつての不倫にのめり込む女性が少なくなったとも言えます。
男性の「火遊び」感覚と同様のケースも多くなっているという事です。浮気相手にのめり込む事無く、家庭を壊したくない、離婚を考えていないといった妻-が増えているのも事実です。
但し、手遅れになると情がわき、浮気から不倫へ発展してしまい、夫婦関係の修復が難しくなってしまう事もあります。
まだ初期段階であれば、夫婦の修復も不可能ではありませんが、男性より女性の方が時間の経過と共に情が強くなってしまうようです。そして、妻の浮気を疑い、問い詰めても、その多くは決して浮気を認めません。認めない限り、話に進展もなく、不信感からギクシャクした関係が続き、修復をより困難にさせて行くのです。
妻との修復を目指すのであれば、早期の行動が大切になります。
既に不倫相手にのめり込んでいて、「別居だ」「離婚だ」と妻が言い出していたら、いくらあなたが許してやり直す事を希望しても、難しいかもしれません。ご相談にいらっしゃるお客様に共通する事は、誰にも相談できず、苦しい時期を長く過ごした末にいらっしゃっているという事です。
浮気調査を実施しただけでは、問題は決して解決しませんが、事実を目のあたりにして、行動すべき事、決断すべき事が明白になり、自分の意思も必ず固まり、結果として問題解決のスタートとなるのです。
何も行動しない限り、好転する事はありません。あなた自身で解決の一歩を進めてください。
私どもはその大事な一歩の重みをしっかりと受け止め、誠心誠意、解決までのプロセスをお手伝いいたします。

妻が浮気、不倫相手と知り合った関係

浮気相手、不倫相手の多くは男も女もあまり変わりがありません。
やはり身近な人間関係が多く浮気相手として圧倒的に多いのは勤務先関係者です。

1位 65% 勤務先の同僚や上司、取引、パート先関係者
2位 12% サークル、習い事の仲間、講師
3位 10% 元交際相手、学生時代の同級生
4位 5% 出会い系やメールなどで知り合った男性
ご近所さん、子供の同級生の父親
5位 3% その他

妻の浮気調査日時の選定

夫の在宅日時帯や妻の勤務の有無や決まった予定を考慮すると、必然的に日時は決まってきます。
過去の事例を基に、妻の生活実態別にご案内します。

  • 専業主婦
  • お子様の有無や年齢によりますが、決まった予定(日常的な所用・子供の行事や町内行事など)を除く日時が対象となる為、週日のお昼頃~夕方までが浮気調査の対象時間帯になるケースが多いです。

    【推奨プラン】浮気調査Bプラン 週日の日中6時間程度の調査を4日間実施 料金385,000円(税込)


  • パート勤務
  • 日曜・祝祭日など、夫の在宅時には外出しないケースでは、妻のパート勤務後又は、パートと言って外出しておきながら、実際は休みを取って、その時間帯に浮気相手と接触するケースが殆どです。
    妻のパート先の出勤シフト表を入手可能であれば、その予定表に基づき、選定します。

  • 共働き夫婦
  • 夫と同様に退勤後や妻から予め伝えられた休日出勤日、外出予定日に実施する事となります。 この場合、勤務後、実際に会社の飲み会等、他の予定にあたってしまうケースもありますが、数日間を継続して行う方が結果として効率的に証拠を収集できるケースが多いのです。

    【推奨プラン】浮気調査Cプラン 平日の勤務後3日+休日出勤日2日(合計35時間調査) 料金506,000円(税込)

ご依頼の有無に関わらず、アドバイスを致しております。
お気軽にご利用ください。

〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町276-1 カネサカビル3階

TEL 045-663-5001
電話相談無料

A.M.9:00〜P.M.8:00(日・祝休み)

神奈川県公安委員会 探偵業届出 第45170008号
一般社団法人 日本調査業協会加盟員 1576号

TOP