神奈川県公安委員会 探偵業届出 第45170008号 一般社団法人 日本調査業協会加盟員 1576号
携帯・スマホからはこちらをクリックしてお電話頂けます
無料相談 045-663-5001
WEBからのお問い合わせ 会社概要

退職予定社員の行動確認

依頼者プロフィール
依頼人  :□□株式会社     神崎 美菜子(代表取締役)      30名程度の中小企業

依頼概要
依頼者の会社は、訪問介護事業を行っている。5年前に、他社からスカウトして、管理者兼サービス提供責任者として雇用したのが、加藤千佳子氏(52歳)である。
経験的にも仕事が出来ると見込んで、給与を含め、それなりの雇用条件にて採用している。しかし、責任者である立場において、ワンマンで他の職員をまとめるどころか、トラブル続きのすえに、加藤氏のパワハラを訴えて退職する職人も出てきた。
加藤氏のそういった業務態度は年々、加速し、再三、話し合い等を設けるも一行に良くならず、完全に他の職員から孤立していた。
流石に、加藤氏も居心地が悪くなったのか、転職先を探している様子が伺えるようになったが、依頼者の会社としては、本人から退職願が出されるのであれば、願ったりかなったりという状況であった。
しかしながら、会社に提出されたのは、退職願だけではなく、会社の過重労働によってうつ病状になったという診断書と、それに対する損害賠償請求書、5年分の残業未払請求書であった。しかも、請求額は不当に高額であり、既に弁護士依頼しており、請求に応じないようであれば即刻、訴訟提起すると主張してきた。
顧問弁護士に相談するも、訴訟となった場合、不当に高額なので請求額全額支払いとはならないが、こういった案件は、どうしても会社側が不利となってしまう為、多少の額は支払う形になると思うといった見解であった。しかし、業務は、どう見積もって不当な過重業務はなく、管理職からして残業手当無の契約で設定している給与額であるし、そもそも残業自体、本人が行なっている様子は見られなかった。また、転職先もすでに決まっているようで、会社のお客さんまで、次の会社に連れていくようであるという噂も社内にはあった。
そこで、退職までに1カ月の間、本人の業務態度、客先の出入り、本人の訪問先等を把握する為、依頼に至った。

退職予定社員の行動確認の企業信用調査事例写真

調査結果
退職までの凡そ1カ月の期間で、休日及び出張以外の日程で、残業時間帯をメインとして、本人の行動確認調査を実施した。
訪問先での介護業務を終えた本人は、会社に戻り夜中まで出て来ない日もあったが、ほとんどの日程で、訪問業務を終えると、友人と食事をする等、習い事やマッサージ等に通うなど、業務とは無関係なプライベートの時間を過ごしている事が確認出来た。
また、業務時間内でも、次の転職先であろう会社に出入りしている事実も判明した。
調査実施月も残業請求があがってきたが、残業自体を行っていないという立証と、過労業務によるうつ病とはいいがたい行動である事が確認出来た。
その後、本人から訴訟提起され、裁判となったが、依頼人の会社が完全勝訴となった。

調査料金
素行調査Eプラン (70時間)   830,000円
消費税               83,000円
調査実費              57,820円
合計               970,820円

調査力に自信があります
明確な料金システム
リアルタイムの調査報告
充実のアフターフォロー
秘密厳守
事務所について
会社概要
調査の流れ
よくある質問
スタッフ募集
営業・セールスの方へ
調査項目
浮気調査
素行調査
人探し
資産調査
勤務先調査
個人信用調査
企業信用調査
盗聴器発見
嫌がらせ・ストーカー対策
その他の調査

渚探偵事務所 TEL: 045-663-5001
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町276-1 カネサカビル3F

© 2016 渚探偵事務所 All rights reserved.

▲TOPへ戻る